薄毛治療をして若返り!

第一印象ってすごく大事ですよね。薄毛治療するだけで第一印象もよくなりますし、なんと言っても現状より若く見られます。おでこが広くなってきた、後頭部が薄くなってきた、そんな悩みを抱えている貴方に!

AGA治療とは何をする?

AGAは男性型脱毛症の事を意味しています。
AGAの原因と言うのは遺伝子による男性ホルモンの乱れであり、20代から30代の若い男性に多く見られる薄毛です。
また、薄毛に悩む人の多くはAGAの可能性が高いと言われており、早目にAGA治療を行う事で薄毛の症状を抑えられ、育毛を促すことが出来ると言います。

AGAは進行型の薄毛とも言われており、そのまま放置しておくことで抜け毛の量が増えてしまい、全ての毛が無くなる可能性もあると言います。
また、AGAの薄毛には大きく別けて2通りのパターンが有ります。

一つは、生え際部分から徐々に薄くなるM字型薄毛、もう一つは頭のてっぺんが丸い形に薄くなるO字薄毛の2通りのパターンです。
何れか片方だけの薄毛の人もいれば、両者の薄毛が起きる人もいるなど、個人差が在るのが特徴です。

AGA治療では現在の髪の毛の薄毛の症状を確認するなどして治療を行うのですが、AGAは遺伝子が関与している事からも、AGA治療を行うか否かは遺伝子検査を行う必要が有ります。

遺伝子の影響により男性ホルモンの一種となるテストステロンが体内にある5α-還元酵素と結びつくとDHTと呼ばれる男性ホルモンに変換されることになります。
髪の毛の毛周期の内、成長期の期間と言うのは正常な人の場合は3年から6年と言いますが、DHTが成長期の期間を短くし、3ヶ月ほどで休止期や退行期に入る指令を出す為、早期の段階で髪の毛が抜けてしまうと言います。

これが男性型脱毛症でもあるAGAの抜け毛のメカニズムと言う事になるのです。

AGA治療では5α-還元酵素を阻害するための医薬品でもあるプロペシアが処方され、これを服用する事で治療を進めて行く事になります。
プロペシアは5α-還元酵素阻害薬とも呼ばれる医薬品で、医師の処方が必要になるのが特徴です。

また、AGA治療では育毛治療を並行して行う目的からも、ミノキシジルと呼ばれる血管を拡張する効果を持つ医薬品を利用して行うのが特徴です。
尚、これらの医薬品を利用して治療を進めるのが専門病院でのAGA治療になるのです。