第一印象ってすごく大事ですよね。薄毛治療するだけで第一印象もよくなりますし、なんと言っても現状より若く見られます。おでこが広くなってきた、後頭部が薄くなってきた、そんな悩みを抱えている貴方に!

AGA予防のシャンプー方法について

AGAは男性型脱毛症のことで、男性によくみられる薄毛の症状です。その特徴は思春期以降に前髪の生え際や頭頂部の髪の毛が抜けてしまい、そこから薄毛になっていくのです。
AGAを予防する方法としては頭皮や毛根に対するケアを日頃から行っておくことが大切です。
髪の毛にはヘアサイクルがあります。ヘアサイクルは3~5年といわれており、髪の毛は成長します。成長を続けることで髪は伸び、太く強くなります。
しかしいつまでも伸び続けるわけではありません。やがて成長が衰えてくると後退期を迎えます。そして完全に成長が止まる休止期となります。
毛根から次の髪の毛が生えてくることで抜けかわるというサイクルがヘアサイクルなのです。このサイクルが乱れてしまうことで髪の毛が早く抜けたり、弱く細い髪の毛になってしまうことでAGAになるのです。
正常なヘアサイクルを維持するため、またAGA予防として有効なケアがシャンプーです。AGAの原因であるヘアサイクルの乱れは頭皮の汚れや血行不良も原因のひとつであるからです。
予防するためシャンプーにも方法があります。髪が弱っている状態の時に強くこすったりすることはよくありません。またかゆみがある場合もなんらかの原因があり、かゆいからとゴシゴシと洗うのもよくありません。
シャンプーは髪に十分な水を含ませ、頭皮までその水が行き渡っている状態で行います。十分に泡立てやさしくマッサージするように行うことがポイントです。
そしてシャンプー後はよく洗い流すことが大切です。頭皮の表面に泡が残っている場合もあります。
そして髪を拭くときもやさしくたたくように水分をとって乾かします。このようにシャンプーをヘアケアとして行うことがAGA予防には大切なことです。